台湾日記♡*

春から台湾生活❤︎❤︎

7月になりました

 

f:id:yeluyin:20180701234907j:image

 

元文学部の私にとって読書はかなり大切な時間の1つです。

 

特に最近日本の本が読みたくて読みたくて、

今日は公館にある古本屋さんと、国父記念公園にある淳久堂へ行ってこちらの3冊を購入しました。

 

本を読むと新たな考え方が沢山導入されて、その分自分の引き出しも増えて、余裕が生まれるんですよね。


今回は小説、仏教の禅の本、数多くの小説から名言を選出したエッセイ本、の3冊を購入しました。


たくさん沢山考えさせられます。

 

 

少し心が乱れた時、どうしていいのか分からなくなった時、モヤモヤを解決してくれる存在は本なので、今自分に必要な本を探すという時間も大切な時間です。

 

 

約3年前、彼と出会ってからはひたすらに恋愛howto本を読み漁ってた時期もありました。

 

 

とにかく相手の事、関係の築き方、初めての国際遠距離恋愛、相手をちゃんと知る前に彼が1年入隊し、連絡は日々のLINEやたまにの電話程度、会えるのは半年に一回。

 

 

特に彼は他の台湾男性とは違い、無口で不器用な性格なので本当に悪戦苦闘の日々でした。

 

この頃はこれでも毎日が必死で彼との連絡に一喜一憂していました。確実に日々進歩していると思ってました。

 

でも、今台湾に来てから思うと、たったこれだけで相手の何がわかるのだろう。とつくづく思います。

 

台湾へ来てから、彼との関係性が少し変わりました。

 

今まではたまに会って、お出かけしたり、家でのんびりしたり、会っている時は楽しいだけの関係でした。

 

 

変化のひとつは彼が私によく相談してくる事。

仕事の事、将来のこと、お金の事などなど、

ありがたい事なのですが、一回一回の相談の内容が重くて、私も彼にとって良い回答を出すのも結構プレッシャーがあります。

 

 

時には仕事中タイムリーに助けを求めてくるので、彼との連絡は地雷的に感じて、突然どんな連絡がきてもすぐ反応できるようにと常に心得るようにもしています。 

 

 

こうなってくると彼の存在が以前は頼もしくて癒し的な存在だったのに今はプレッシャーのような存在になってしまいます。 

 

 

私は今の職場やシェアハウスで毎日穏やかに過ごしているので、彼から連絡あると焦ったり、時にイラついたり、穏やかさがかき乱されるんですよね。

 

 

そんな今まで見てこなかった弱音を吐いたり、情けない彼を見ていると、「私がしっかりしなきゃ!」だとか「相談される事を当たり前と思わないでこれからも頑張ろう」と強く思うにもなりました。

 

 

でもこれって慣れないことなので疲れるんですよね。

 

 

そこで最近思うようになったのが、

相手を考えるよりも、まず自分自身を見つめ治すべきだと思うようになりました。

 

 

どんな時に心がかき乱されるんだろう、とか、モヤモヤする時の原因は?

もしかして心が乱れる原因は自分自身にあるのではないかと思います。 

 

 

自分自身のことって分かってるようで、案外まだまだ知らない面があったりするんですよね。。

 

 

 

また最近彼へのときめきがめっきり減ったので、もはや恋愛なのか情なのか区別がつかなくなっています。

 

 

私がこの人にときめく事はまたあるのだろうか?

 

 

何なら突然新たな出会いが現れてもっと彼にも焦ってほしいとさえ思います。。 

 

 

それでも良いところも沢山あるんですけどね!

 

 

まあ無理に答えはださないで、

まだまだゆっくり台湾にいる時間を楽しもうと思います。💪